【全文まとめ】メンタリストDAIGOの差別発言で炎上!ネット民の声が過激すぎたw

メンタリストDaigoさんが8月9日に投稿されたライブ配信のアーカイブ動画内の発言が差別的内容だったことで炎上しています。

Daigoさんは一体どんな内容を発言し炎上したのか?テキストで全文書き出しの他、過去の炎上案件もまとめてみてみましょう!

メンタリストDaigoが差別発言で炎上

メンタリストDaigoさんが自身のYoutubeチャンネルで8月7日に配信したライブ動画が人種差別だ!と炎上し話題になっています。

この動画内で発言されたDaigoさんのメッセージはというと主に

ホームレス・生活保護受給者への差別的発言

で、以下が動画内で語られていた全文になります。

「僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めてるんじゃないからね。
生活保護の人に食わせる金があるんだったら猫を救って欲しいと僕は思うんで。
生活保護の人生きてても僕は別に得しないけどさ、猫は生きてれば得なんで。

猫が道端で伸びてたらかわいいもんだけど、ホームレスのおっさんが伸びてるとさ、なんでこいつ我が物顔でダンボール引いて寝てんだろうなって思うもんね。

人間の命と猫の命、人間の命の方が重いなんて全く思ってないからね。自分にとって必要ない命は軽いんで。だからホームレスの命はどうでもいい、どちらかっていうといない方がよくない?ホームレスって、言っちゃ悪いけど、いない方がよくない?
みんな確かに命は大事って思ってるよ、人権もあるから一応形上大事ですよ、でもいない方がよくない?正直。
邪魔だしさ、プラスになんないしさ、臭いしさ、ねぇ、治安悪くなるしさ、いない方がいいじゃん。 猫はでもかわいいじゃんって思うけどね僕はね。

もともと人間は自分たちの群れにそぐわない、社会にそぐわない、群れ全体の利益にそぐわない人間を処刑して生きてるんですよ。犯罪者殺すのだって同じですよ。犯罪者が社会にいるのは問題だしみんなに害があるでしょ、だから殺すんですよ、同じですよ」

Youtubeより

かなり過激な発言ですよね。

猫の命も人の命もそれぞれ大切なのですが、この動画ではDaigoさんは彼自身にとって人の命も損得勘定で語られてしまってるのが炎上したのでしょう。

これはさすがに擁護できる内容ではなかったようで多方面から物議が醸し出されています。

※いつまで視聴できるか不明ですが8月13日時点では閲覧可能になってます。

メンタリストDaigoのホームレス差別発言にネットの反応は?

今回のメンタリストDaigoさんのホームレスや生活保護受給者への差別発言ともいえる炎上にネットでの反応をみてみましょう。

どのコメントもさすがにやりすぎた発言と捉える人が多いようですね。

また冷静な方も多く今回のDaigoさんの発言に関係なく、コロナ禍で生活保護が必要な方は気にせず申請を、といった投稿も多くみられました。

必要な人のところに必要な制度が届かなければ意味がないですからね。

メンタリストDaigoの過去の炎上まとめ

メンタリストDaigoさんは過去にも何度か発言や行動の過激さに炎上しています。

以下、簡潔にDaigoさんが起こした炎上まとめです。

  • 過去2度に渡る引退宣言で「何がしたい?」と炎上
  • コロナ禍でたばこ生産停止に賛同する発言を巡り炎上
  • 全裸でコンビニに行った過激画像の投稿で炎上
  • 税金の使い方に対し低額納税者を下げた発言で炎上

メンタリストとして日ごろから人の心理について語る、また心理学を元に相談をズバッと切り込む動画が面白いと視聴者の間では評判です。

しかし稀に強烈な炎上ネタをDaigoさんは持ち込んできますね…。

いちビジネスマンとしての彼の策略である可能性も否定できませんが、今回のホームレスや生活保護の方への発言は少々過激すぎました。

まとめ

メンタリストDaigoさんのホームレス・生活保護受給者への差別発言をまとめてみました。

動画や発言内容を読んでみても、かなり過激なことをおっしゃっていたようですね。

いろんな人がいろんな考えを持つことを否定はしませんが、こればっかりは考えて発言するべきだったのかな?と思います。

おすすめの記事