稲村亜美の野球経歴は?プロ並みの103km投球や神スイング動画が衝撃的!

稲村亜美の野球経歴は?

稲村亜美さんは小学1年生のころから野球を始めていらっしゃいます。

稲村亜美さんが野球を始めたきっかけは6歳と4歳年上の2人のお兄さんが野球をしていた影響だと言います。

中学時代には東京都江東区のシニアリーグに在籍し、ポジションは投手か一塁手についていたようで、投打は右投右打だそうです。

毎週土日は朝から晩までみっちり練習があり、走り込みなどで足は太くなるし硬式球が顔に当たり腫れあがることもあったと言います。

それでも試合に勝つことが何より嬉しく続けられていたようです。

中学卒業後は芸能界を目指すことを考慮し、芸能人御用達の学校「日出高校」に進学したことで野球はやめられています。

稲村亜美さんは小学1年生から中学卒業まで、およそ9年間野球に打ち込んでいたようです。

ちなみに稲村亜美さんはシニアリーグの卒業生として以前にリトルシニアリーグの始球式に参加されました。

その始球式では数千人の中学生が一斉に駆け寄り、襲われるというトラブルがありネットで炎上した過去があります。

稲村亜美が二刀流のグラビアアイドルと言われる理由

稲村亜美さんは『二刀流のグラビアアイドル』の異名をもっています。

野球業界用語の二刀流というと

野球における二刀流 プロ野球において、投手と野手を兼任する選手も二刀流 (Two-way player) と呼ばれる。

Wikipedia

ということで、稲村亜美さんは過去の野球経験からグラビア撮影やCMで度々バットスイングやピッチングを披露することが多いのだそう。

著:稲村亜美, 写真:西條彰仁
¥660 (2021/08/27 03:40時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

そのバットスイングはグラビアアイドルらしからぬ仕上がりに”神スイングと名付けられ、

ピッチングでは103km/hを叩き出す、本格ぶりに『二刀流のグラビアアイドル』と称されているようです。

稲村亜美の『神スイング』動画やエピソード

さて、稲村亜美さんの『神スイング』と呼ばれるきっかけが以前出演したトヨタ自動車のウェブCMで披露されたバッティング姿が理由のようです。

稲村亜美さんのバッティングフォームがいかに本格的なものかわかりますね!

個人的にはなんでスーツでバッティング?とも思いましたが…(笑)

稲村亜美さんはトヨタ自動車のウェブCMでの『神スイング』がきっかけでブレイクしたも同然で、舞い込む仕事は野球関連が多いようです。

それにしても素人にはできない気持ちいい綺麗なスイングですよね!

以前、稲村亜美さんが原辰徳監督にスイングを披露した際には「非の打ちどころがない」と絶賛されただけはあります!

稲村亜美の103km/hを出した投球動画

続いて、稲村亜美さんのプロも納得のピッチングフォーム動画がこちら

この時の始球式で出した投球速度は稲村亜美さんの自己最速103km/hを叩き出したのだそう。

女子プロ野球では最速が130km台、平均球速110km/と言われています。

稲村亜美さんは中学時代からのブランクを考えたとしてもなかなかいい数字を叩き出したところを見るとプロ顔負けの技量を持っているようですね!

まとめ

稲村亜美さんの野球経歴の他『二刀流のグラビアアイドル』と言われる理由についてみてみました。

中学で野球は辞めてしまったものの、その経験が芸能活動に生かされ好きなことに携われていることは素敵ですよね!

稲村亜美さん的には野球関連の仕事ばかりで他のことにも挑戦してみたい気持ちはあるがなかなかうまく行かない…なんてこともあるようですが。

とはいえ、稲村亜美さんほどバリバリに野球にかかわれるグラビアアイドルもそういないと思うので、唯一無二のポジションでどんどん活躍していってほしいですね!

おすすめの記事