松任谷由実(ユーミン)が引退宣言していた?理由は病気で声が出ないからだった?

デビューから50年近く経つアーティスト松任谷由実さんが現役引退の噂が流れていました

これまでに数々のヒット曲を生み出し、根強いファンが多い松任谷由実さんの引退の可能性にファンが心配の声を上げています。

松任谷由実さんの現役引退の噂の理由や生涯現役宣言についてまとめてみました。

松任谷由実(ユーミン)が現役引退を宣言していた?

1998年に『松任谷由実さんが2013年に引退』をほのめかす新聞が発刊されました。

本誌によると

1998年1月9日からスタートした全国ツアー『レジェンド・オブ・ザ・スユア』の最終リハーサルを行った際に語ったもの。「あと十五年。二〇一三年に引退します」

Twitter

と、15年とずいぶん先の引退宣言ではあるもののこの時が初めて引退について触れたのだそう。

15年後に引退する理由について当時は語られてはいなかったそうだが、ファンは2013年を迎える頃には引退発表がないか不安だったようです。

結果的に松任谷由実さんは生涯現役を貫くことをコメントされています。

松任谷由実(ユーミン)が声が出ない病気で引退が噂されていた?

2018年に行われた松任谷由実さんの全国アリーナツアー。

40万人を動員したツアーでは夫・松任谷正隆さんの伴奏で曲を披露するなどファンから絶賛の声が相次いだツアーが開催されました。

この時のライブに参戦したファンの間では松任谷由実さんの声に心配する反応がちらほらみられたのだとか。

  • キーを下げているのは明らかでした。
  • 全体的に声が低く、高い声が出ていなかった。
  • キーをさげても声が辛そうだった

などから「喉の病気ではないか?」と心配の声が挙げられていました。

ファンとしてはいつまでも聞いていたい気持ちから歌手の方が声が出ていないと何かあったのか?と心配になりますよね。

松任谷由実さんからは特に病気の告白もなく結果的に病気という噂はデマ情報だったようです。

40代から喉の筋肉の衰えで声が弱々しくなり、ホルモンの分泌の関係で声帯が浮腫んで声が低くなることがあるようです。

松任谷由実は「死ぬまでユーミン」生涯現役宣言

松任谷由実さんの引退を心配された一方で、2020年11月に金スマに出演された際に引退の可能性について

「引退はね、考えたことないです。一度も」

とコメントされていました。

1998年に発刊されたスポーツ新聞では引退をほのめかす内容が報じられていたので、話にちょっと食い違いがありますが…。

さらに続けて

「もう逃げも隠れもできない。ショービズだよね、一度名前が出たからには。続けるにはどうしたらいいかばかり考えている」

スポニチ

松任谷由実さんはもともと作曲家志望だったそうで、17歳の時に加橋かつみさんに楽曲提供し作曲家デビューされています。

しかしレコード会社の人の勧めで歌い手として荒井由実の名前でデビュー。

いくつかのヒット曲を世に出し、結婚を期に松任谷由実の名前で活動を続行されています。

表立って活動することで、後には引き下がらないという松任谷由実さんの覚悟があるのでしょう。

デビューから40年を超える松任谷由実さんに引退の心配がされていましたが「死ぬまでユーミン」と生涯現役宣言にファンはめちゃくちゃ喜ばれているようです。

まとめ

松任谷由実さんには根強いファンが多く、過去の引退宣言や年齢による引退の可能性を心配する声があがっていたようです。

結果的に松任谷由実さんは死ぬまでユーミンと生涯現役を宣言され、ファンは喜んでいるようです!

今後の引退の可能性はゼロではないかもしれませんが、活躍する限りこれからも応援していきたいですね!

おすすめの記事