【顔画像】西矢椛の両親の年齢や職業は?父親はスケボー経験者で母親は娘とそっくり!

東京オリンピックでスケートボード女子ストリートで史上最年少で金メダルを獲得した西矢椛さん。

これから日本でも一気にスケートボードの需要は高まるでしょうが、西矢椛さんはどんなご両親の元で育ったのか?

両親の画像や父親の職業・年齢などみてみましょう!

【顔画像】西矢椛の両親の職業や年齢は?

西矢椛さんのご両親はどんな人なのでしょうか?

西矢椛さんのご両親の年齢は毎日新聞より、

平日は母智実さん(39)、週末は父翔(しょう)さん(39)が付き添う。

毎日新聞

とのことで、年齢は’21年時点で39歳とわかっています。

おそらく父親・母親ともに1982年生まれのようです。

また職業について

父親は会社員

母親は専業主婦

ではないかとみられています。

では西矢椛さんのご両親は一体どんな人なのか?さらに掘り下げてみてみましょう!

西矢椛の父親は会社員でスケボー経験者

西矢椛さんの父親は西矢翔(しょう)さんという名前で39歳(’21年時)だそうです。

顔画像はありませんでしたが、勤め先は判明しています。

現在は三重県に本社を置く、株式会社メイハンの総合建築管理事業部の大阪支店長の役職についているとのこと。

西矢椛さんがスケートボード女子ストリートで史上最年少で金メダルを獲得されたときには会社からのコメントも挙げられています。

そして西矢椛さんがスケボーを始めるきっかけとなったのが兄・颯(はやて)さんの存在と言われています。

が、さらにさかのぼると西矢椛さんの父親はもともとスケボーの経験者だったことから影響しているようです。

その父親の指導方法はインスタグラムに挙げられている技の動画を西矢椛さんと研究し指導にあたったようです。

「頭が下がりすぎ」「前に体が突っ込んでいる」とのアドバイスに、「父の指摘は本当に的確」と感謝する。

毎日新聞

経験者だからこそ、もあるでしょうが父親の観察眼や感性がより的確な指導になったのでしょうね!

西矢椛の母親の名前や年齢は?

西矢椛さんの母親の名前は西矢智実(ともみ)さんで年齢は父親と同い年で39歳(’21年時)だそうです。

西矢椛さんの母親はお仕事をされているかは不明ですが、練習に付き添うなどサポートをしているようです。

お母さんはマスク姿で顔のすべてがわかるわけではないですが、目元が西矢椛さんとそっくりで母親似のようですね!

2021年東京オリンピックではコロナの影響で異例の無観客開催で選手の家族の同伴も許されていません。

しかし、西矢椛さんは中学2年生ということもあり特例で母親の智実さんが付き添い金メダル獲得の瞬間をそばで見守っていたようです。

まとめ

西矢椛さんの両親の職業や年齢、簡単な経歴までまとめてみました。

ごくごく普通の一般家庭で育ってきたんだな、という印象です。

それでも父親がスケボー経験者ということ自宅の近くにスケートパークがあることも西矢椛さんの才能が生かされる環境であったことは間違いないでしょう。

13歳での最年少金メダル獲得に今後のさらなる活躍に注目していきたい選手ですね!

おすすめの記事