【衝撃】太田唯は創価学会の信者だった?噂の出どころや信仰程度を調査!

売り出し中のジブリを愛する女優・太田唯さんが創価学会の信者ではないか?と噂されています。

芸能界の中にも多く進行する有名人がいますが、宗教信仰にあまり馴染みの薄い日本人からすると噂程度でも信者と知ると気になるところ。

そんな太田唯さんが創価学会の信者の噂や信仰の程度など調査してみました。

太田唯は創価学会の信者だった?

太田唯が創価学会の信者の可能性は?

まず気になるのが太田唯さんの創価学会の信者であるかどうか、ではないでしょうか。

SNSやさまざまな記事を調べてみたところ、信者である可能性はかなり低いのではないか?とみています。

あいまいな結論ではありますが、その理由について次項でまとめています。

太田唯が創価学会の信者と噂された理由や出どころ

検索エンジンで太田唯さんについて調べると関連して『創価学会』というキーワードが浮上します。

なんの縁もなく太田唯さんと創価学会のキーワードが関連するとは思えません。

太田唯さんが創価学会に関係しているのではないか?と噂された理由について。

太田唯さんは2020年9月号の月刊誌『灯台』という雑誌にインタビュー記事が掲載されています。

『灯台』という雑誌自体は子供の育て方や知識を得られる教育者向けの雑誌で、創刊1960年とかなり歴史の長い雑誌なんですね。

子育て関連の雑誌にインタビューを受けること自体は、不思議でもないのですが独身の太田唯さんが登場するのはちょっと気になるところ。

どうやら当時の記事は太田唯さんが初主演を務めた日米合作短編映画『マカリス』が関係していたようです。

映画『マカリス』は余命僅かの娘とその母、そして娘の命を奪っていく死神のそれぞれの葛藤を描いた命に関する作品だったことが関係したようです。

子育て関連であれば、命に関する記事が掲載されることも編ではありませんしここまでは特に疑問もわかないでしょう。

ただこの灯台の出版社『第三文明社』が創価学会言論部を母体とした会社なんですね。

太田唯さんが創価学会を母体にした雑誌に登場したことが、噂の原因となっていたようです。

結局のところ太田唯さんが雑誌に掲載された経緯が映画作品に関するものだったと考えても、創価学会の信者である可能性はかなり低いとみています。

宗教信仰に馴染みのない日本人からすると、信仰だけでも少し奇特に感じてしまいますが創価学会の印象は特にその対象になるようです。

まとめ

以上、太田唯さんの創価学会の信者との噂について調査しまとめてみました。

太田唯さんは主演作品に関係して創価学会が母体の雑誌に登場しただけで、信者としての可能性はかなり低いということがわかりました。

仮に創価学会の信者だから悪い、ということもありませんが日本人特有の価値観がちょっと気にさせてしまうのかもしれませんね。

おすすめの記事